リズム感UP! ギターで行うリズムトレーニング

Pocket

ギターを録音したい時、バンドで演奏したい時、リズム感はとても重要になってきます。ある程度ギターが演奏できるようになってきたら必ず行うようにしましょう。

このリズムトレーニングでは、メトロノームを使用します。

持っていない場合は、スマートフォンのアプリでメトロノームのアプリがあると思うので、ダウンロードして練習しましょう。

 


メトロノームに合わせる練習


1、クリックに合わせてCメジャースケールを弾いてみましょう。

※音源は、テンポを80に設定してあります。(任意のテンポで良いと思います)

↓クリックのみ

リズムに合わせる1

 

2、次は裏拍で弾いてみましょう。

↓クリックのみ

リズムに合わせる2

 

 


リズムをキープする練習


この練習は、アコギで弾き語りをする人には特に効果的だと思います。

 

1、テンポを半分にして弾いてみましょう。

テンポは半分にしますが、弾くフレーズは同じ速さで演奏します。

合わせるポイントが少なくなる分、自分でリズムをキープしなければいけません。

※元のテンポが80の場合、テンポは40に設定する。

↓クリックのみ

リズムキープ1

 

2、更にテンポを半分にして弾いてみましょう。

※元のテンポが80の場合、テンポは20に設定する。

↓クリックのみ

リズムキープ2

 

 


チェンジアップの練習


次はリズムを切り替える練習です。

2分音符→4分音符→4分音符(裏)の順に弾いていきましょう。

↓クリックのみ

チェンジアップ

 

 

これらの練習は、スケール練習やカッティング練習などと組み合わせて行うといいと思います。そういった練習をする時には、メトロノームを使い練習することを癖にしていきましょう。

 

 


歩きながら出来るリズムトレーニング


ちなみに、今回紹介したリズムトレーニングは歩きながら行う事もできます。

1、メトロノームに合わせる練習

・テンポを80くらい(任意)に設定して表拍に合わせて歩いてみましょう。

・次は、裏拍に合わせて歩いてみましょう。

・テンポを倍にして(160 )同じスピードで歩いてみましょう。

 

2、リズムをキープする練習

テンポ80くらい(任意)のクリックの表拍に合わせて歩きながら、テンポを半分(40)に設定して同じスピードで歩きましょう。次の拍がなるまでは、自分でリズムをキープしなければいけないのでリズムキープ力がつきます。これが出来ればさらに半分のテンポ(20)でやってみましょう。

 

Leave a comment

Your email address will not be published.