セッティング[ギター編]


今回は、全国のスタジオやライブハウスで最も置かれている確率の高い「JUZZ CHORUS-120」でギターアンプの使い方について見ていきたいと思います。

よく、「ジャズコ」や「JC」と略されて呼ばれています。

 

↓こちらのアンプです。

mアンプ

 

↓フロントパネル

フロントパネル

これらのつまみで音色や音量を操作します。

それでは左から順番に見ていきましょう。

 

□CHANNEL1(チャンネル1)

このチャンネル1は、JCに搭載されているエフェクトを使用することが出来ないチャンネルです。

JCのエフェクトを使用しない場合には、このチャンネルを使用しましょう。

フロントパネル 2


「HIGH(ハイ)」「LOW(ロー)」


シールドの入力端子です。この二つの違いは出力する音量の違いです。

※ギターには、「パッシブ」「アクティブ」の二種類があり、電池(バッテリー)が搭載されているほうを「アクティブ」と呼びます。

 

「HIGH」・・・パッシブのギターを接続します。

パッシブは基本的に「HIGH」に接続しますが、音量をそれほど出したくない場合は、「LOW」に接続しても大丈夫です。

※パッシブタイプとは、単純にピックアップのみが搭載されたギターの事を指しています。ピックアップ信号をほぼそのままアンプに送るので、弦の振動の音が忠実に伝わるというメリットがあります。しかし、ノイズが乗りやすいというデメリットもあります。

 

「LOW」・・・アクティブのギターを接続します。

※アクティブタイプとは、プリアンプ(増幅装置)を搭載したベースのことを指しています。それを動かすために電池が必要になります。ノイズが乗りにくいので、長いシールドを使ったりエフェクターを多くつなぐ場合に向いています。しかし、弦の振動の音が忠実に伝わらないというデメリットもあります。

 


「BRI」


これは、「ブライトスイッチ」というものです。バンドで演奏していて、音の抜けが悪いときにこのボタンを押すと、高音域が強調されて音の抜けがよくなります。音作りの際には、OFFにしておきましょう。

 


「Volume(ボリューム)」


このつまみは、音量を調節するつまみです。

 

「Volume」を左に回す(値を下げる)と、音量が小さくなります。

「Volume」を右に回す(値を上げる)と、音量が大きくなります。

 


「TREBLE(トレブル」「MIDDLE(ミドル)」「BASS(ベース)」


このつまみは、音色を設定するつまみで、トーンコントロールと呼ばれるものです。

バンドサウンドの場合、ギターの音はMIDDLEを上げれば抜けやすくなります。ドンシャリと呼ばれる高音と低音を強調したセッティングでは音抜けが悪い事が多いので注意しましょう。

 

「TREBLE(トレブル)」高音域を調整します。JCは比較的、高音域がよく出るので、下げ目にセッティングする人が多いです。(あくまで主観です)

「MIDDLE(ミドル)」中音域を調整します。

「BASS(ベース)」低音域を調整します。

 

※アンプの中には、PRESENCE(プレゼンス)という超高音域を調整するつまみがあるものもあります。(JCにはありません)

 

 

□CHANNEL2(チャンネル2)

チャンネル2は、エフェクトを使用する事ができるチャンネルです。エフェクト以外の部分は先ほどのチャンネル1と変わりません。

それでは、チャンネル2に搭載されているエフェクトを見ていきましょう。

フロントパネル 3


「DISTORTION(ディストーション)」


このつまみは、歪みの量を設定するつまみです。

しかし、JCの歪みは、クランチと呼ばれるぐらいまでしか歪みません。なので、クリーンに多少の歪みをかけて味を出したいときに使用するといいと思います。

※歪みとは?→「[ディストーション、オーバードライブ、ファズ]歪み系エフェクターの使い方

 


「REVERB(リバーブ)」


このつまみは、音に残響音を付加したい場合に使用します。このアンプに搭載されているのは、スプリングリバーブといわれるもので、金属的な響きを得る事ができるリバーブです。

 


「VIB(ビブラート)」


ピッチを周期的に揺らすことで揺らぎ感を得ることが出来るエフェクトです。

ギターの場合、単音のプレイでは指でビブラートをかけられるので、このエフェクトは必要ありませんが、アルペジオなどのプレイでは重宝します。

 

「Rate(レート)」

このつまみは、音が揺れる速さ(モジュレーションレート)を設定するつまみです。

 

「Rate」を左に回す(値を下げる)と、音が揺れる周期が長くなっていきます。

「Rate」を右に回す(値を上げる)と、音が揺れる周期が短くなっていきます。

 

「Depth(デプス)」

このつまみは、音の揺れの大きさ(ピッチ変調の深さ)を設定するつまみです。

 

「Depth」を左に回す(値を下げる)と、音の揺れが小さくなっていきます。

「Depth」を右に回す(値を上げる)と、音の揺れが大きくなっていきます。

 

こちらの記事でビブラートのエフェクターについて解説しているので是非ご覧ください。

[ビブラート]モジュレーション系エフェクターの使い方

 


「CHORUS(コーラス)」


コーラスは、ダブリング効果(音が二重に聴こえる効果)と揺らぎ感を得ることが出来るエフェクトです。

コーラスは、クリーンだけでなく、歪み系エフェクターとも相性がいいです。

 

「Rate」、「Depth」の操作は先ほどのビブラートと変わりません。

こちらの記事でコーラスのエフェクターについて解説しているので是非ご覧ください。

[コーラス]モジュレーション系エフェクターの使い方

 

 


接続の手順


(1)アンプの電源が入ってないことを確認してから、電源ケーブルをコンセントにつなぎます。

(2)ギターとアンプをシールドでつなぎます。

(3)アンプのボリュームが0になっているのを確認してから、アンプの電源を入れます。

(4)ギターのボリュームとトーンを全開にします。

(5)アンプ側のイコライザーを上げます。

(6)少しずつアンプのボリュームを上げます。

※シールドを抜くときはアンプのボリュームを0にしてから抜きましょう。

 

Leave a comment

Your email address will not be published.