基本的なミキサーの使い方

Pocket

ミキサーは多くの音楽スタジオに設置してある音響機器で、主に音量調整や音質調整を行う際に使用します。

今回は、ALLEN&Heathというメーカーのミキサーで基本的なミキサーの使い方をみていきます。

 

DSCN0098


「MIC(マイク)」


これは、「XLRケーブル(キャノンケーブル)」を入力する端子です。キャノンケーブルはバランス接続ができるケーブルです。(バランスで無い物も出回っているらしいので注意しましょう。)ノイズを打ち消し合うため、ノイズが少ないのが特徴です。

主にマイクと接続します。

DSCN0093

 


「LINE(ライン)」


フォーンケーブルを入力する端子です。

フォーンケーブルは、ギターやベースをアンプと接続する際にも用いられるケーブルです。キーボードをミキサーと接続する際に多く用いられます。

シールド アイキャッチ画像

 


「GAIN(ゲイン)」


このつまみで、入力した音声をフェーダーで扱うのにちょうどいい大きさになるように調整します。 

 


「100Hz」


このスイッチは、マイク信号のポップノイズ(マイクを息で吹いてしまう事によって発生するノイズ)や低音ノイズを軽減させるために使用します。

 


「イコライザー」


「HF」高音域を調整します。

「MF」中音域を調整します。

「LF」低音域を調整します。

 

DSCN0098 2


「PAN(パン)」


左右の音量のバランスを設定するつまみです。

 


「MUTE(ミュート)」


このスイッチは音声信号をマスターに送らなくする(無音にする)ためのものです。フェーダーの設定を維持したまま音を出したくない場合などに使用しましょう。

 


「フェーダー」


音量を調整します。

 

 


接続の仕方


1、ミキサーの電源を入れます。(電源がある場合はそちらから電源を入れましょう。)

※この際全てにフェーダーが下がっている事を確認しましょう。

2、マスターのボリュームを0まで上げていきます。(一番左にある赤いフェーダーです。)

DSCN0067

3、ケーブルを接続します。

4、ゲインを上げていきます。

5、フェーダーを上げていきます。(ここで音がなります。)

DSCN0080

 

Leave a comment

Your email address will not be published.