コラム

Pocket

□リズムトレーニング

リズム感UP! ギターで行うリズムトレーニング

 

□エフェクターの使い方


歪み系(オーバードライブ、ディストーション、ファズ)


歪み系エフェクターには、オーバードライブ、ディストーション、ファズの3種類があります。

しかし、これらの分類はあいまいで、明確な定義はありません。

オーバードライブ(OverDrive)

オーバードライブは比較的軽く歪むエフェクターです。なので、歪みの深さを設定するつまみを最小にすると、ブースター(音量を上げるエフェクター)としても使用できます。ディストーションに比べるときめ細やかな歪みなので、コードカッティングやアルペジオに向いています。

ディストーション(Distortion)

ディストーションは、オーバードライブよりも深く歪むエフェクターです。オーバードライブに比べると荒い歪みだと言えます。音の粒が荒くなるため、コードカッティングやアルペジオには向いていません。

ファズ(Fuzz)

ファズは、ディストーションよりも深く歪むエフェクターです。倍音が著しく強調され、調整によっては濁った音色を得ることができます。荒い歪みで、リフやソロプレイに向いています。

 


モジュレーション系(コーラス、トレモロ、ビブラート、フランジャー、フェイザー)


コーラス(Chorus)

コーラスは、ダブリング効果(音が二重に聴こえる効果)と揺らぎ感を得ることが出来るエフェクターです。

ビブラート(Vibrato)

ビブラートはピッチを周期的に揺らすことで揺らぎ感を得ることが出来るフェクターです。

ギターの場合、単音のプレイでは指でビブラートをかけられるので、このエフェクターは必要ありませんが、アルペジオなどのプレイでは重宝するエフェクターです。

トレモロ(Tremoro)

トレモロは音量を揺らすことができるエフェクターです。LFOの波形を三角波にすればなめらかに音量が揺れるので揺らぎ感を得る事ができます。LFOの波形を矩形波にすれば、急激に音量が揺れるため、音が切り刻まれているように聴こえる効果を得る事ができます。

 


空間系(リバーブ、ディレイ)


リバーブ(Reverb)

リバーブは残響効果を得る事が出来るエフェクターです。

※残響・・・音源が発音をやめた後も壁などから音が跳ね返ることによって、音が響いて聴こえる現象。

 


ダイナミクス系(コンプレッサー、リミッター)


 


フィルター系(イコライザー、フィルター、ワウワウ)