あなたに音を届ける仕事

はじめに

 

ここでは、メジャーレーベルに所属しているアーティストが一枚のCDを製作する際に、関わっている人たちの職業の内容や、成り方などについて説明しています。

 

アーティスト発掘 

世の中に出回って私たちの耳に入ってくる音楽。そんな誰もが知っているようなアーティストには、多くの人に自分の音楽を聴いてもえるようにサポートしてもらうという出発地点があります。その出発地点はアーティストによって様々です。たくさんの時間をかけて有名になった人もいれば、ある一つの大きな出来事で有名になった人もいます。今回はその様々な方法と、それに関わることのできるアーティストにとって大切なスタート地点を作るという職業についてもお話します。
 
 

音楽プロデューサー

音楽プロデューサーとは、メジャーバンドのある一枚のCDが出来るまでの過程で、そのアーティストの方向性が決まるとき最も活躍する人や、CDのブックレットに名前が載るような人です。

そんな彼らは音楽業界でどのような役割を果たしているのでしょうか?
 
 

作詞・作曲・アレンジャー

曲に歌詞をつけたり、コードやメロディーを考えたり編曲したりします。

音楽関係の仕事の中では比較的よく知られている作曲家・アレンジャー・作詞家ですが、具体的にはどのような仕事をしているのでしょうか。作曲家は本当に曲を作っているだけなのか? アレンジによって曲が全く別のものに変わる? たくさんの言葉を知っていれば作詞家になれるのか?
 
 

スタジオミュージシャン

ソロのミュージシャンなどのCD製作やライブの際に手伝う形で演奏をするミュージシャンのことです。
表にはでてこない裏方でのミュージシャンとは一体どんな仕事なのでしょう?
 
 

レコーディングディレクター

レコーディング時における監督です。

アーティストの曲の方向性を決めるなど、アーティストの最も近くにいる仕事です。しかし仕事はそれだけでなく、同時進行で起きる全ての事に目を配らせているような気の抜けない仕事なのです。
 
 

レコーディングエンジニア

楽器や声の録音やその音のミキシング等を行います。

音を録音し、その音をミキシングし、そしてミックスダウンをしてマスタリングをして、音源データを工場に送り、プレスをしてCDにすることです。しかし、そういった作業は基本的にはアーティスト自身がやっているわけではなく、それぞれの作業にエンジニアが関わって一つのCDを作っています。
 
 

マネージャー

アーティストやミュージシャンの管理、育成をする人です。
アーティストと共に行動することが多い仕事なので、アーティストにとって身近な存在の人物と言えるでしょう。
そんな彼らの仕事とは一体どのようなものなのでしょうか?
 
 

プロモーター

CDが完成すればそこで終わりというわけではありません。商品としてCDを売りたければ、宣伝をしてその存在を消費者に知ってもらい、購入してもらわなければなりません。そこで活躍するのが宣伝業務の専門家、プロモーターです。

また、宣伝を自ら行っている人もいます。→セルフプロモーション
 
 

それぞれの職業の簡単な紹介をしましたが、気になる職業はありましたか?
職業名をクリックすると詳しい説明や内容を見ることができます!
是非クリックしてご覧ください!

 

 

   アーティスト発掘 →