CMソングは邪魔者?!<前半>

テレビでCMを見ている時、流れている音楽に「この曲いい!」そんな経験をしたことはないでしょうか。今年もCMに使われた曲で大ヒットした曲がいくつかありますね。
例えば・・・

これは2016年にNTTドコモのCMで、このCMで使われた曲、ONE OK ROCK の「Wherever you are」はリリース年が2010年にもかかわらず2016年一月に初オリコン1位を獲得しました。ファンや一部の曲を知っている人々には支持がもともとあったみたいでしたが、このCMに使われたことによって一気に知れ渡ったことは一目瞭然です。
他にも過去に・・・

このCMで使われている曲は山下達郎さんの「クリスマス・イヴ」です。1988年に女優・深津絵里さんが出演したJR東海『X’MAS EXPRESS』CMソングに起用されたことが呼び水となり、1989年12/25付で初の1位を獲得しました。さらに1986年~2015年の30年連続でオリコン週間シングルランキングTOP100にランクインしギネス記録に登録されました。(「山下達郎Xマス名曲がギネス記録「クリスマス・イヴ」30年連続オリコンランクイン|ORICON STYLE 」よりhttp://www.oricon.co.jp/news/2069031/full/)そういう曲も元をたどるとCM曲になったことが始まりだったということです。
二つしか例を挙げていませんが、CMにその曲を使われることによってヒット曲が生まれるということは、これまでにたくさんあったということはみなさんもおそらく気づいていることだと思います。

しかし、実際のところCM曲がヒットしたところでそのCMで広告されている商品やサービスなどの売り上げや知名度にいい影響を与えているんでしょうか?はたまたCMソングは「邪魔」なのでしょうか? 本来のCMの目的に音楽はいい影響を与えているのでしょうか?今回はそういった点に着目してCMと音楽を関連づけてまとめてみました。

・CMソングの使われ方と効果

熊谷 和也さんの「缶コーヒー市場におけるテレビ CM の効果と ブランド選択の研究『テレビ CM 中の音楽が認知に与える効果の考察』」の論文を参考に記事を進めていきたいと思います。

比較する三つのCMを紹介します。

サントリー「BOSS」

日本コカコーラ「ジョージア」

アサヒ「ワンダ」

※映像がなかったため、説明のみ

テレビ CM の方でも「朝専用」のコンセプトは一貫しており、所ジョージの出演する作品には、ター ゲットにするサラリーマンたちが多く登場する。朝の物静かな風景や、出勤前のキヨスク、コンビニ での姿を描き、ますます「朝専用」を印象付けるものとなっている。2003 年 10 月 2 日からオンエアさ れているこの CM はある日の朝、どこかで見たような大型ビルの屋上でメガホンを持つ所さんが全 国の皆さまに、毎朝のご愛飲に感謝して「365 朝、ありがとう!」と叫ぶという作品である。働くサラリ ーマンたちを元気付けている一方で朝の静かな風景がどこか物寂しい作品である。(引用:熊谷和也 「缶コーヒー市場におけるテレビ CM の効果と ブランド選択の研究」筑波大学第三学群社会工学類 社会経済専攻 2004年  http://infoshako.sk.tsukuba.ac.jp/~ishii/education/thesis2004/kumagaya2004.pdf)

バックミュージックは使われていない。

 

アンケート方法 (熊谷さんの論文より)

日時 11 月 11 日(火)、11 月 19 日(水)、12 月 2 日(火)

場所 筑波大学キャンパス内および社会工学類開講の授業

回収数 キャンパス内・・・122、授業・・・29、計・・・151

調査方法 対象者 1 人に対し、3 つのブランドすべてのイメージについて回答してもらい、3 つのブラン ドそれぞれの CM を記載する質問票と記載しない質問票、合計 8 パターンの質問票があり、さらに、 順番についても 3 パターン作り、合計 24 パターンの質問票の中から対象者にランダムにいずれか を配布して回答してもらった。

質問内容・テレビ CM の認知 ・ブランドに対する好感 ・ブランドに対するイメージ ・缶コーヒーの利用頻度、利用ブランド ・商品購入のきっかけ ・缶コーヒーの飲用機会 ・ブランド選択 。

アンケート結果 

 

CMソングは邪魔者?!<後半>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です