京都精華大学ポピュラーカルチャー学部

ファション

音楽

ポピュラーカルチャー学部共通

身体論[講義(学部共通)]

担当者: 栗巣満

 精神を含めた人間の身体というものは、「血液」「心臓」「内臓諸器官」「筋肉」「感覚(受容)器」「脳」「神経」等々のどれを取り上げてみても、不思議なことが数多くある。また、身体に関する素朴な疑問をたどっていくと、意外なところにその答えがみつかることもよくある話である。
 しかし、これほどまでに進歩したと捉えられている医学や科学の水準で考えてみても、未だに解明されていない部分が残されているのも事実である。おそらく、人間の身体の細部まで完全に解明されることは、将来的にも不可能に近いともいわれている。その一方で、それらの諸器官を保有している人間の生活様式が、近年の社会情勢の中で、著しく変化してきていることも、また事実である。
 この講義では、「人体組織の不思議理解」のもとに、身体を組織している各諸器官の基本的な機能を理解したうえで、「自律神経」との関係性を理解することを中心に進めていく(「自律神経」の詳細については授業内で取り上げる)。我々の身体は、脳(大脳)からの命令と同時に自律神経支配を受けながら、日々の生活を送っていることに着目していきたいと考えている。