京都精華大学ポピュラーカルチャー学部

ファション

音楽

ファッション学科

制作実習1B/3B[実習]

担当者: 小北光浩

【前期】
 20世紀のデザイナーの古典的なマスターピースの模倣から応用展開を行います。
 ベースとなるデザインのシルエットやディテールなどをしっかりと考察したうえで、現在の衣服デザインへの応用に必要なシルエット感、ディテール、テクニックについてリサーチし、デザイン展開及び実際の制作を行います。トワル制作を経て実際の生地による作品制作まで行います。また、後期の授業へ向けた準備も行います。

【後期】
 ファッションデザインは作品として1体の衣服を作れれば良いわけではありません。ビジネスにおけるデザインの体験として、コンセプトを踏まえたうえでのシーズンテーマの理解と、そうしたことを踏まえたうえでのデザイン展開を行います。一体の作品制作という点の視点から、MDを踏まえたデザインという面のデザインへと視点を変えてもらいます。合わせてターゲットを意識しデザインに客観性をしっかりと持たせます。また、前期、後期の制作を踏まえ応用編としての制作も行います。