京都精華大学ポピュラーカルチャー学部

ファション

音楽

音楽学科

サウンドスケープ論[講義(コース専門)]

担当者: 小松正史

 「サウンドスケープ(音風景)」とは、音と風景を「セット」で捉えることを意味します。
 この発想を身につけると、私たちの知覚や行動は大きく変わり、表現/創作活動の幅を広げることができます。
 本授業では、担当教員の長年の経験によって培われたサウンドスケープの発想を元にして、独自でユニークな音に関する方法論や、現場での実践例を紹介します。
 まず、「サウンドスケープ(音風景を知覚すること)」についての理論や歴史の説明を行い、続いて、「サウンドスケーピング(音風景を使った具体的な行為)」の解説と方法論を学びます。その具体的な領域には、「《音育》音の教育」「《音学》音の研究/分析/解釈」「《音創》音デザイン」の3つがあります。本授業の目的は、音に気づくよろこびを原点にしながら、受講生が興味を持つそれぞれの分野の中で、音の感覚を応用した活動に資することです。