京都精華大学ポピュラーカルチャー学部

ファション

音楽

ファッション学科

日本服飾史[講義(コース専門)]

現代のファッションへと続く日本服飾の歴史〜日本の「伝統」を読み解く〜

担当者: 松原史

 歴史を振り返れば一目瞭然だが、服飾(=ファッション)は時代によって劇的に変化する。身につける服の形状や色彩、髪型や化粧、「美しい」とされるものさえも、時代や環境によって大きく異なる。温暖な気候、豊かな自然、諸外国との交流などにより、日本では世界でもまれに見る、豊かで魅力的な服飾文化が培われてきた。現代でも色褪せない歴史的装束の魅力を紹介するとともに、ぞれぞれの時代の「衣」が映す社会や文化についても学んでいきたい。歴史はインスピレーションの源でもある。皆さんにもぜひ、歴史の中に自分の「お気に入り」の服飾を見つけてもらいたい。