京都精華大学ポピュラーカルチャー学部

ファション

音楽

音楽学科

テクスト分析法研究Z[講義(コース専門)]

担当者: 谷口文和

 印象に残る音楽は、それぞれ何かしらの特徴を持っている。人気音楽家の手掛ける数々の楽曲から、その人の作品だとすぐに分かるような共通性を見出すこともできる。そうした音楽の特徴をとらえる力が身に付いていれば、既存の音楽から創作のヒントを得ることができる。また、その力は評論のようなかたちで面白い音楽を広めていくことにも活用されるだろう。
 この講義では、音楽の特徴や構造を理解するために必要な切り口や方法を、実際に楽曲を分析することを通じて身に付けることを目指す。前半では、音楽を分析するための土台となる基礎的な理論を、調性とコードの機能を中心に学ぶ。そこで得た知識を活かして、後半では、ある様式や作曲家を特徴付ける音の使い方を検証する。日本のポップソングを中心に取り上げる予定だが、分析のテーマや題材は受講生と相談の上で決める。