京都精華大学ポピュラーカルチャー学部

ファション

音楽

音楽学科

制作演習9 [PA][演習]

ミュージックビジネスにおけるPAの意味を知り、その技術を学ぶ 

担当者: 徳竹敏之

 座学としての理論・知識の習得の他、まずデジタルミキサー・デジタル伝送の実際を体験するとともに、その意味を知る。
ひと月に一度行われるゲストライブ実習により寄り現実に即したPAを学ぶ。
PAにおけるARTとSCIENCEの両面を理解する。