京都精華大学ポピュラーカルチャー学部

ファション

音楽

ファッション学科

制作実務研修4[演習]

担当者: 西谷真理子

 ファッションコースの学生が「自分が将来関わりたい仕事」について考えるとき、「ファッション業界とはどのようなところか?」「世の中にファッションに関連したどのような仕事があるのか?」を知ることは重要ですが、ファッション業界というところは常に動いている場所なので、ガイドブックを読むだけでは不十分です。
 この授業では、限られた人数ではありますが、現役で活躍している人たちのなまの言葉を通して、それぞれの仕事内容や、適性、現場で求められるものやことなどの情報を得ることができます。それはさらには、自分自身の現状を見つめる機会にもなり、将来の設計図が描きやすくなると思います。アパレル産業への就職セミナーではありませんので、フリーランスで働きたい、起業したいという人にとっても、ここで得られる知識や理解は役に立つはずです。
 ゲストとしては、2014年度は、JR京都伊勢丹バイヤーの井辻康明さん、ブランディングディレクター加藤智啓さん、グラフィックデザイナー植原亮輔さん、ビームスの青野賢一さんを、2015年度には、中川政七商店の生産管理担当松平嘉人さん、シアタープロダクツプレスの金森香さん、無印良品のファッション企画室長永澤三惠子さん、前回に引き続き加藤智啓さん、2016年度は、前回に引き続き中川政七商店の松平嘉人さん、あいちトリエンナーレ広報担当で元grafメンバーの工藤千愛子さん、京都丸太町の雑貨店kit店主の椹木知佳子さん、Think of Fashionを運営する篠崎友亮さん 、というように、「作る」「届ける」を押さえつつ、ジャンルの違うプロ4人に登場していただきました。
 本年度はまた少し顔ぶれが変わる予定。今回は、初めてスタイリスト(高山エリさんを予定)を加えたいと思っています。それぞれの人が、ビジネスの場でそれぞれの「作る」「届ける」にチャレンジしている様子や、ファッションというものの可能性の大きさも感じ取ってほしいと思います。