京都精華大学ポピュラーカルチャー学部

ファション

音楽

音楽学科

基礎実習 [情報発信][実習]

【前期】音楽を理解し分かち合うための耳と言葉を育てる
【後期】これからの音楽文化を考え、みずから情報を発信する 

担当者: 秋吉康晴,谷口文和,長門洋平

【前期】
自分の音楽をより魅力的にしたり、価値があると思う音楽を他人に広めたりするためには、音による表現の細やかな違いを感じ取る力が必要となる。そのためには、自分の好きな音楽を何となく楽しむことから一歩進んで、幅広い音楽に耳を傾け、その特徴をとらえられなければならない。
この実習では、グループで議論を交えながら音楽を聴き、分かったことを言葉で伝え合いながら理解を深めることを学ぶ。前半では、曲の中で鳴っている音を丹念に聴き、音楽を効果的に聴かせる工夫を意識する感覚を身につける。後半では、そうして理解できた音楽の特徴や魅力を言葉で伝えることを、作文やプレゼンテーションを通じて練習する。

【後期】
音楽産業が大きな転換を迎えている現在、音楽家も自分自身で多様な手段を駆使して音楽や情報を発信していくことが求められている。当科目では、そのために必要となる知識や技能を身に付けるための訓練として、テーマに沿って調査や議論を行い、そこで得た知見をもとに、各種メディアを用いた情報発信のプロジェクトを実施する。
 前半では、音楽家へのインタビューを編集して記事にまとめることを通じて、「読み物」として言葉を組み立てることを学ぶ。また、ブログの使い方を練習する。後半では、テーマ設定から調査・取材・執筆・編集という一連の作業に取り組み、不特定多数の人に向けて音楽文化について考えてもらうための読み物を作成する。