京都精華大学ポピュラーカルチャー学部

ファション

音楽

音楽学科

制作実習1Z/3Z [ZINE][実習]

担当者: 岡村詩野

 京都には歴史的に多くの音楽財産があり、今なお若くてユニークな作り手が登場しています。町にはライヴ・ハウスやCDショップ、中古レコード店も多く点在し、大学の町=京都が音楽文化を新たに発信していることは明白です。しかしながら、意外なことに、そうした状況を発信、届けているメディアはまったくと言っていいほどありません。情報サイトさえままならないそんな状況の中、それであれば、この京都精華大学ポピュラーカルチャー学部で音楽雑誌、ZINEを制作してみて発信してはどうだろうか、と考えました。
 この授業では、リサーチ、取材、撮影、執筆、編集、そして印刷や納品の手はず、配本まで、出版業務のプロセスを、実地で雑誌を作りながら覚えていきます。演奏側、作り手の立場を、メディア・サイドから見ることによって、音楽産業を支えているファクターの重要性を理解してもらうことも目的です。
 今の京都の音楽シーンがどういう状況になっているのかをしっかりと把握し、また、これまでに至る決して短くはない歴史を認識し、今の京都から東京に向かって、他エリアに向かって、世界に向かって雑誌文化を届けていきます。