京都精華大学ポピュラーカルチャー学部

ファション

音楽

音楽学科

制作実習2Z/4Z [音楽と地域社会][実習]

担当者: 安田昌弘

 本実習では、グループワークで与えられたミッションを実現してゆくなかで、音楽と人(社会)を適切に媒介するために必要な知識、視点、感性、技能を体験的に獲得していきます。特に、商店街と音楽フェスについて考えていきます。

【前期】
 まずは「地域の希薄化」と「個人の孤立化」という現代社会の問題を理解するために、幾つかの基本的な文献を読む作業と、実際に現場に出向いて生の情報を集めてくるフィールドワーク作業を並行して行います(フィールドワークの最初の一歩は、地元神社での神輿担ぎから始めます)。また、関西圏で実施されている既存の地域イベントをいくつか視察します。
 これらから見えてくる様々な問題・課題を意識しながら、新しい地域のあり方への導線となるような、我々ならではの商店街フェスを提案しましょう。

【後期】
 前期に引き続き、グループワークで与えられたミッションを実現してゆくなかで、音楽と人(社会)を適切に媒介するために必要な知識、視点、感性、技能を体験的に獲得していきます。
 後期は、前期に考案した商店街フェスを実際に開催し、前期に見出した地域社会の問題について、商店街フェスがどのように解決し、あるいは解決の糸口となったのかを観察・分析します。
 また、最終回には、これまでの自分自身の活動を踏まえたポートフォリオを提出します。