京都精華大学ポピュラーカルチャー学部

ファション

音楽

音楽学科

応用実習2Z/4Z [映像と音楽][実習]

担当者: 山路敦司

【前期】
 楽曲制作における音楽理論の必要性とは、制作のためのスキルや特性あるいは個性を客観的に把握し、それらを再現出来るようになるという、クリエイティブを考える上で不可欠な知識である。しかし音感を持たずにそれを頭で理解することは出来ても実際の制作に反映させるのはとても難しく、理論と実制作が一致しない事もしばしばある。
 それを解決するためにも、この授業では、映像音楽を中心に音楽制作をデザインととらえながら進めていく。それと同時に、歌唱や楽器演奏を通じてそのための音感を身につけながら、理論と実制作を一致させていく事を目標とする。

【後期】
 映像作品の演出にとって音響は不可欠であり、音楽やサウンドデザイン如何によって映像作品全体のクオリティを左右する重要な要素である。どのような音楽をつけるかによって映像全体の演出は大きく変化するし、映像と音響のミスマッチによる違和感は鑑賞者の印象に悪影響を与えることになる。
 この授業ではそういった事実や音響心理学をふまえて、効率的かつ効果的な映像演出のための音楽制作やサウンドデザインを考え実践出来るようになることを目指す。