京都精華大学ポピュラーカルチャー学部

ファション

音楽

音楽学科

応用実習1Z/3Z [ソングライティング応用][実習]

担当者: 高野寛

【前期】
 作詞・作曲を続けていくうち、自己流では越えられないハードルが見えてくるはず。ただ漠然と曲を作るだけではなく、いままで気付かなかったところに気づき、表現を深める方法を身につける。アイデアやインスピレーションを得るためにはどうすればいいか、様々な技法を試す。創作に向き合う集中力を養う。自分の作品をどこに届けるべきかを意識して、作品の完成度を高めるためのアレンジや録音の方法、ライブでの演奏についても同時に理解を深めていく。

【後期】
 自分の作風や、得意な手法に自覚的になる。壁にぶつかった時、アイデアやインスピレーションを得るためにはどうすればいいか、制作の手法に関しても工夫してゆく。創作に向き合う集中力を養う。自分の作品をどこに届けるべきかを意識して、作品の完成度を高めるためのアレンジや録音の方法、ライブでの演奏についても同時に理解を深めていく。同じ時間帯の他の実習とも連携して作品を制作・発表する。