「Unpopular pop」とはなにか?

Spotifyで「unpopular pop」と検索すると、数十件のプレイリストがヒットする。殆どは一般ユーザの公開しているもので、世界各地の、極めて個人的な「好きだけど売れなかったポップソング」たちに耳を傾けることが出来る。ポピュラー文化の「popular」には様々な訳し様があるが、「人気のある」とか「よく売れる」というような意味に即して考えると、これらのポップソングは全くポップではない。プラチナディスクになるまで34年あまりかかったザ・ビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』然り、ポピュラー文化は無数のポピュラーでないものによって支えられているとさえ言えそうだ。

「限定的文化生産場」――フランスの社会学者ピエール・ブルデュー1ならそう呼ぶかもしれない。スコットランドの社会学者ニック・プライヤー2は、文化生産に関するブルデュー理論の乗り越えを模索する論文のなかで、グリッチという音響表現が、刀根康尚からOvalやAutechreを経由してマドンナの楽曲に取り入れられるまでを跡付けている。いつの時代にも玄人受けするミュージシャンズ・ミュージシャンはいるし、先端的な表現を追究するアーティストにも事欠かない。グリッチの事例が面白いのは、こうした実験的な音響が、アート音楽ではなく、ポピュラー音楽のほうに展開したことなのかもしれない。マドンナはさておきOvalやAutechreを「ポピュラー音楽」と位置づけるか「アート音楽」と位置づけるかは意見の分かれるところだろう。

あるいは、デジタル技術とインターネットによって裏打ちされた脱マスメディア時代においては、もはや「アート」に対して「ポピュラー」を対置することの意義が薄れているのかもしれない。少なくとも文化の消費に関しては、そのような対立が意味を持たなくなっていることを示唆する調査結果も出ている3。現代においては、アートもポピュラーも幅広く雑食的に聴けることのほうが、文化的卓越化への近道なのであり、そこではクラシック音楽しか聴かないとか、ヴィジュアル系しか聴かない、というような偏食的な文化嗜好こそが「下流」であるとされかねないというわけである。

このような状況のなか、あえてポピュラーではないポピュラー文化を嗜み、あるいは生み出すということは、どんな意味や歓びを持っているのだろうか? 実践者たちは、なにに駆られてアンポピュラーなポップに携わり続けるのだろうか? アンポピュラーなポップは、ポピュラーなポップのなかに、どのようなかたちで滲み出しているのだろうか?

以上の問題意識をもとに、本シンポジウムは香港大学音楽学部教授で映画音楽の専門家であるジョルジオ・ビアンコロッソ氏の基調講演を中心に、二部構成で行うことにした。前半はポピュラーとアンポピュラーの境界線で活躍する実践者による鼎談である。後半は、日本にいるとなかなか見えてこない(聴こえてこない)アジアやアフリカの「unpopular pop」の文化的・社会的位置づけに光を当ててみたい。

問題提起:佐藤守弘・安田昌弘/キュレーション:水田拓郎

*本研究はJSPS科研費 JP19H00517「脱マスメディア時代のポップカルチャー美学に関する基盤研究」(研究代表者:室井尚〔横浜国立大学〕)の助成を受けたものです。


  1. P・ブルデュー著石井洋次郎訳(1992=1995〜6年)『芸術の規則(1・2)』藤原書店
  2. N・プライヤー(2008)「Putting a Glitch in the Field: Bourdieu, Actor Network Theory and Contemporary Music」『Cultural Sociology』2:3
  3. 南田勝也他編著(2019)『音楽化社会の現在〜統計データで読むポピュラー音楽』新曜社(特に第8章)