京都精華大学ポピュラーカルチャー学部

ファション

音楽

ポピュラーカルチャー学部共通

演劇論[講義(学部共通)]

担当者: 隅地茉歩

 幼い頃、兄弟や従姉妹と、あるいは近所に住んでいた子たちと、「〜ごっこ」にうち興じた記憶は誰の中にもあるのではないだろうか。ある時にはお父さん、ある時にはお医者さん、時には人間でないもの、存在するかどうかもわからない得体の知れないものになってみたりしたこともあるだろう。それは他者を演ずるということの、最初の扉を開く原体験であったに違いない。
 なぜ私たちは誰に教えられることもなくそのような営みを発明したのだろうか。その営みを通して、何を確かめようとしているのだろうか。
 この授業では、変化のスピード目まぐるしい現代社会を生きる私たちにとって、演劇、演劇なるものがいかなるヒントをもたらしてくれるのかに迫りたい。演劇を身近に感じ、演劇理解をもとに旺盛に思考し、教養の枠を広げることに繋げていく。