京都精華大学ポピュラーカルチャー学部

ファション

音楽

音楽コース

ファッションコース

ポピュラーカルチャー学部共通教員

  • 大下 大介OSHIMO Daisuke

    大下 大介OSHIMO Daisuke

    ポピュラーカルチャー学部
    共通教育担当

    専門分野:デジタルコンテンツ

    ◆仕事をすることが進学の目的だった
     大下大介の学生時代の目的は、大人と仕事をして、外の世界を見ることだったという。デザインの勉強をしながら、学生時代の最初の2年を「ものすごくアンダーグラウンドな」映画制作事務所で、後半の2年を「どメジャーな」デザイン事務所で過ごした。積極的な行動力ゆえ一目置かれる存在だった大下は、後輩にもよく相談を持ちかけられた。その相手をしているのが楽しかった。今思えば、このことが教えることへの興味につながっている。

    ◆他人のために最高の企画を考える
     大下が担当する企画演習は、ファッションコースと音楽コースの1回生から3回生までが一緒に参加できる授業である。「自己表現」ではなく、「クライアントの要望」をかたちにする練習をする。学生たちに早く外の世界を見てもらい、社会に出たら必要になる様々な作法を伝えたいからだ。そして大下は、学生と同じ目線で、一緒にディスカッションをしながら、答えを導いてゆく。

    ◆音楽やファッションからはみ出る新しい仕事
     ポピュラーカルチャー学部の学生は、ファッションや音楽を追求したくて入学してくるわけだが、4年間を過ごすうちに、関心の中心が変わってくることもある。大下は、それは当たり前のことだと考える。音楽やファッションを軸にしつつ、色々なことに手を出すことで、むしろ自分らしさ、自分の存在意義が見えてくる。そうすれば、自分の良さを活かせる新しい仕事を考えだすことだって難しくない。大下が伝えたいのは、そういうことだ。

    career

     映画・演劇・TVの現場などの制作を経て、映像制作会社でデザイン業務にたずさわる。人の出会いから生まれる創作の連鎖を用い、イベントの企画や地域ブランディングを行う。

  • 斎藤 光SAITOH Hikaru

    斎藤 光SAITOH Hikaru

    ポピュラーカルチャー学部
    共通教育担当

    専門分野:

    ◆ポピュラーカルチャーと近代
    「カフェー」、「モガ・モボ」、「フラッパー」、「先端少女」……。斎藤光の語彙には聞いたことがあるような、懐かしいような新しいような単語が並ぶ。これらは全て、19世紀の終わりから1920年代に一世を風靡した、新しい風俗と関係する言葉であり、日本でもジャズや洋装と深い関わりがある。大衆文化(ポピュラーカルチャー)を正確に定義づけることは難しいが、その発端の一部がこの時代にあった。

    ◆まずは好奇心
    ポピュラーカルチャーについて学ぶには、なによりもまず好奇心が必要である。斎藤光が担当する「ポピュラーカルチャー原論」は、一回生が一番最初に、これから学んでゆくポピュラーカルチャーという対象について好奇心を持ち、その好奇心に従って研究する方法を身につけてゆく場である。

    ◆世界と歴史のなかの自分の位置
    文化は自動的に現れるものではないし、常に同じかたちをしているわけでもない。今眼の前にある好きなものを、あたりまえだと思うのではなく、それがどうして今のかたちをしていて、どうして自分がそれをあたりまえだと思い込んでいるのかを問い直す視点を獲得して欲しい。そしてその疑問を好奇心に変えて、資料を集め、研究し、世界のなか、歴史のなかの自分の立ち位置を考える糧にして欲しい。

    career

     京都大学理学部・北海道大学大学院・東京大学大学院卒。
     生物学史・性科学誌・近現代文化誌などを研究。著書に『幻想の性 衰弱する身体』、共編著書に『性的なことば』など。最近、「京都の/と尖端少女」というテーマでモダニズムを調査中。また、日本の「カフェー」ジャンルを研究中。さらに、日本の分子生物学の歴史や生命倫理もリサーチ中である。

ポピュラーカルチャー学部客員教員

助手

  • 大島 拓郎OHSHIMA Takuro

    大島 拓郎OHSHIMA Takuro

    ポピュラーカルチャー学部
    音楽コース

    専門分野:サウンド・アート/楽器・音響装置の制作

    career

    自身が抱える吃音症のような普段は意識されないものを「ノイズ」と捉え、ノイズをユーモアに換えて人々に届ける手段として、身近な道具と電子工作を組み合わせた楽器の発明とサウンド・パフォーマンスを行う。学内ではサウンドアート・実験音楽を体験するワークショップ「SOUNDやろうぜ」を主催。

    http://oshimatakuro.tumblr.com

  • 富永 明日香TOMINAGA Asuka

    富永 明日香TOMINAGA Asuka

    ポピュラーカルチャー学部
    ファッションコース

    専門分野:テキスタイルデザイン

     学部4年時の卒制の結果に大変落胆したので、大学院で私はこんなにも悲しく 苦しんでいる!というテーマで作品を作り始めたのですが、だんだん怒りが湧い てきて最終的には芸大や教授アンチ的なテーマで作品を制作したのですが、そう いう時に限って評価されてしまうので世の中ってなかなか思い通りに動いてくれ ません。その上就職先は大学関係という、担当教員もびっくりしたことでしょう。

     生活を送っているとどうしても、理性的に平穏に、角を立たせないようにと気 を使ってしまいますが、作品制作の場においては感情や趣味嗜好・癖といった個 人のマニアックで深部なところをむき出しにして表現することになると思います、 学生のみなさんの隠れたそのような部分が見られることをとても楽しみにしてい ます。

    career

    神戸芸術工科大学 芸術工学研究科 総合アート&デザイン専攻 修了
    作品展示 「doubt」2nd Space Kobe(兵庫 2016)、「Able and Partners Tokyo Design Week デビュー展」明治神宮外苑絵画館前(2016 東京)、「突然のアポイ ント」ギャラリーイロリムラ(大阪 2018)、「SPIRAL INDEPENDENT CREATORS FESTIVAL 19」南青山スパイラル(2018 東京)、「ギャラリーパウゼ主催ミニテキ スタイルコンペティション2018」ギャラリーpause(2018 東京)

  • 槇本 欽優MAKIMOTO Yoshimasa

    槇本 欽優MAKIMOTO Yoshimasa

    ポピュラーカルチャー学部
    音楽コース

    専門分野:デスクトップミュージック

     何かを創造するという行為は、0から1を生み出す事です。その道は非常に険し く、上手くいかない事が沢山あって、時に孤独の底に陥る時もあるかも知れませ ん。でも、周りには違う価値観を持ち、違う物を見て、聞いて、育ってきた仲間 達が同じように悩んでいます。きっと支え合い、刺激し合って、お互いが成長で きるような関係を築けます。私もその仲間の一人です。

     月は満ちる前の少し欠けた状態が、一番力があります。一生懸命に満ちようと するその姿は、何かを追い求め努力する誰かと似ている気がします。これから人 として、クリエイターやアーティストとして、月の様に満ちてゆく学生の方々を 間近に、私も多くのことを学んでいきます。

    career

    京都精華大学ポピュラーカルチャー学部音楽コース卒業。
    楽曲提供( 琳派四百年記念祭 RINPA2015 大学生が創る琳派映像作品『古今( KOKON)』、劇団ピーコック ミュージカル『Monster’s castle ~Eternal treasure~』メインテーマ曲・ミュージカル曲・カーテンコール、一般財団法人 カナウ こどもイラスト展 プロモーションビデオ『cannow』、京都精華大学創立 50周年記念 式典BGM・祝賀会BGM、他 )