京都精華大学ポピュラーカルチャー学部

ファション

音楽

音楽学科

制作実習1/3 [ソングライティング][実習]

ソングライティング、その歓びを高めるために

担当者: 高野寛

 まずは自分の音楽を知ること。生まれて最初に認識した音楽、親が聴いていた音楽を掘り起こし、今好きで聴いている音楽と結んで行く。
リズム、コード、メロディー、歌詞、バックトラックなど、曲作りのテクニックを学び、録音など実践的な作業を通して身につけてゆく。
Co-Write(共著)を積極的に進めて、複数で1曲を作って行くことで、自分以外の価値観を共有し、客観的に曲を見つめ、歌詞などもディスカッションしながらより良くするアイデアやスキルを磨く。メロディーだけではなく特にポピュラーミュージックに不可欠な歌詞や歌そのものの力の重要性の認識を高め。あらゆる角度から見つめて、試行錯誤しながら聴く人の心を動かす音楽を完成させる。